不眠症を改善する

快眠のためのストレッチ方法を紹介します。心地よい運動で睡眠の質を上げましょう。

2016/06/18

快眠は日中の活動量にも大きく関係あります。

快眠が出来ないと、活動量が低下し集中力も減ってしまいます。

そんな状況を打破するために快眠法のためのストレッチが必要になってきます。

快眠のためのストレッチ方法を紹介します。心地よい運動で睡眠の質を上げましょう。

快眠ストレッチのポイント

快眠のためのストレッチのポイントはリラックスして行うという事です。

眠る1時間前には脳も体も心地よい状態でいる必要があります。

もしこの眠る前の大切な時間に過度に体を動かしてしまうとよく眠れるどころか、逆に脳が目覚めてしまいます。

そうならないためにも心地よいストレッチが大切なのです。

汗をかかないストレッチ

基準としては汗をかかない程度のストレッチです。

汗をかいてしまうと入浴したのも台無しになってしまいます。適度に体が温まるようにしましょう。

そうすることにより眠りについたときに体温が下がり始め、深い睡眠が実現します。

伸びをしたり、気になる部分をほぐしてみましょう。

また、丸めたバスタオルを腰の下にあて左右に転がるだけでも腰回りの筋肉をほぐす効果があります。

大事なのは呼吸

ストレッチをする時に気をつけたい事は、体を動かしている時に呼吸を止めたり浅くしないことです。

体を動かす時にはついつい動かすことに集中しすぎて呼吸に注意を向けられませんが、最も大切なのはこの呼吸なのです。

深く呼吸することにより酸素が全身に行きわたりますし大きなリラックス効果が期待出来ます。

体を動かすことと呼吸を意識することで快眠法が成り立っているといっても良いでしょう。

ストレッチは毎日した方がいいの?

これらは非常に効果的なストレッチですが、体調が悪い日には行わない方が良いです。

毎日の習慣になっていても体を動かすことでより体調の悪化が懸念されるためです。体調に問題ないことが前提です。

ストレッチは食前にしましょう

また、このストレッチ前には食事を軽く済ませておく必要があります。

沢山食べると体を動かしづらく、消化しきれずにお腹が苦しくなってしまいます。

ですから食べ過ぎずにストレッチに影響がない範囲で食べましょう。

 

快眠は体の健康を作る大切なものです。

寝る前の時間をどう過ごすかによって睡眠の質が決まります。

-不眠症を改善する

おすすめ記事

妊婦も睡眠薬って飲めるの?気になる赤ちゃんへの影響。妊娠中の不眠対策。 1
妊婦も睡眠薬って飲めるの?気になる赤ちゃんへの影響。妊娠中の不眠対策。

不眠で悩む妊婦さんへ。 私もそうでしたが、「夜にぐっすり休めない」「眠れなくてつ ...

妊娠中・授乳中でも安心して飲める睡眠サプリ比較ランキング 2
妊娠中・授乳中でも安心して飲める睡眠サプリ比較ランキング

妊娠すると体や心の変化が大きく、不眠症に悩まされる妊婦さんがとても多いんです。 ...

私がこれまでに飲んだきた睡眠薬です 3
睡眠薬の強さランキング2018

私も睡眠障害で睡眠薬を飲んでいました。 睡眠薬といっても色々な種類があって、自分 ...

睡眠サプリランキング

【第1位】北の大地の夢しずく

液状だから効果がすぐに現れる!
妊娠中・授乳中・お子さんでも飲める安心な睡眠サプリです。

【第2位】潤睡ハーブ

潤睡ハーブにはストレスによるイライラをおさえるハーブ成分がたっぷり。
寝つきを良くし翌朝の目覚めをすっきりさせる効果がある、イチオシの睡眠サプリです。

【第3位】ピースナイト

大手食品会社キッコーマンが開発した自信の睡眠サプリ!
ピースナイトは更年期女性にぴったりの、睡眠サプリです。